◆高血圧・心臓病・糖尿病


※高血圧

 

血圧とは心臓から送り出される血液が全身へと流れていく際、動脈の内側にかかる圧力のことです。

最大血圧は心臓収縮時の動脈に送り出す圧力で最小血圧は血液が戻る心臓収縮時の圧力です。

高血圧とは最大血圧が140㎎以上、あるいは最小血圧が90㎎以上ある場合をいいます。

高血圧は原因特定できない本態性と腎臓や甲状腺ホルモン異常の障害で起こる二次性や続発性に分かれます。

90%以上は原因が特定できない本態性です。

原因が不特定なものが90%以上のため治療は血圧が上がった症状を対症療法で抑えるだけとなり、抑えなけらば「また上がる」の繰り返しになり一生治療が必要となります。

ただし原因が特定できないと言っても原因がなければ起きない為原因は必ずあります。

特に大きな原因は「遺伝因子」です。

食事・肥満・運動不足・深酒・ストレス、更に喫煙が加わると更に起きやすくなります。

高血圧が続くと合併症の「血管障害」が起こり、血管が傷つき切れやすくコレステロールが沈着し易くなります。

これにより血圧が上がる悪循環が起こり心筋梗塞・心臓肥大・心不全・脳梗塞・くも膜下出血・大動脈瘤・眼底出血・腎臓病などの動脈硬化による重篤な病気が引き起こし死にも繋がります。

高血圧を防止するにはLDLを減らしHDLを増やし緊張した血管を緩和させるDNA・RNA=核酸を働かせる必要があります。

 


※心臓病

 

心臓は生まれてから死ぬまで片時も休まず血液を流し続けています。

この心臓が疲れたからと休んだら即死に繋がります。

心臓は自分自身が働き続ける為に自分自身にも血液を送っています。

この自身の血管は心臓の頭から覆う冠のようになっているため冠状動脈と言われています。

この冠状動脈にコレステロール・中性脂肪が溜まると動脈硬化になり血液の流れが75%以上詰まると「狭心症」90%以上詰まると「心筋梗塞」という病名がつきます。

病名は違いますが原因は動脈硬化です。

動脈硬化を避ける以外に心臓を元気にする方法はありません。

外科的にはバイパス手術や盛り上がりが邪魔をしている部分をカテーテルを付けた風船を膨らまし抑えてへこませるバルーン療法等の方法がありますが、手術中に一旦心臓を止めるため心臓が動き出さない危険性をはらんでいます。

改善したいけど心臓が止まるのは怖いと思うのが一般的です。

※狭心症や心筋梗塞の予防と改善は、HLDを増やしLDLを減らし動脈硬化を強力に抑える必要があります。

 


※糖尿病

 

糖尿病は昔からあり、尿が泡立ったり道でおしっこをしたら蟻が寄ってきたら糖尿病と言われていました。

現在は血液中のブドウ糖の量(糖負荷試験)やヘモグロビンのAICで診断されますが、何にしてもほとんどの人は食べ過ぎ・飲み過ぎが病気の発端になっています。

糖尿病の人のほとんどは、血糖値さえ下がれば糖尿病は治ったと思い元の生活に戻ります。

しかし、糖尿病の怖さは高血糖が引き金となり大きな血管~毛細血管に至るまでの血管を痛めることによって起こる合併症の動脈硬化です。

もちろん血糖値を下げることも重要な為、最初はカロリー制限の食事指導がはいります。

糖尿病の人は肥満を伴った場合が多いので当然ですが、食事制限により必要な「ビタミン・ミネラル」まで不足してしまう場合があります。

これでは血糖値が下がっても体が悪くなりますので、痛んだ血管の修復の為野菜・青汁等の食物繊維やビタミン・ミネラルを十分摂る必要があります。

※糖尿病の改善は、食事療法と共にコレステロール・中性脂肪が詰まった血管を改善する両方からのアプローチが必要です。